さくらの家の「さくらまつり」

12月の「さくらまつり」

海士にある「さくらの家」で開催されるさくらまつりに参加しました

風と雨と雷で目が覚めたこの日の朝…

一体全体どうなることやらと心配しましたが
お祭りが始まるころには雷様は気持ちを納めてどこへやら…


私たちが会場に着く頃にはまだ小雨はしょぼしょぼしていたものの
無事にオープン♪

「さくらの家」は海士にある就労継続支援施設
当店で販売している「ふくぎ茶」もここで仲間のみなさんが生産されています

今年はなんと10回目を数えるアニバーサリーフェスタなのだとか♪

イベント内容にも、ちらしにも、みなさんの気合がにじんでおります‼

写真に収めきれずに残念でしたが
さくらの家の名物「さくらのあまあまあまカレー」も
辛口・甘口取り揃えてずらり♪
手作りコロッケもご~ろごろ♪

1枚目の写真は今回の記念ステッカー♪
施設の仲間のおひとりが書かれたイラストを元に
ミナミくんがステッカーに仕立てたものなのだそう

大きくして看板にもなってました

色といいデザインといい
企画する側のわくわく感がにじみ出て
見ているだけでこちらも楽しくなる感じ♪

ブンテンは主会場の横
ちいさなかわいいブースを利用させていただきました

今年も用意していただいた『京見屋分店』手作り看板♪

今年も「美しく」いきたいとこでしたが
いつもの「京見屋分店」でした

看板諸事情は昨年のブログにて→blog「さくらまつり

主会場前では「スモークみなみちゃん」が
おいしい香りを振りまきつつ実践販売♪

ミナミちゃんブースに置かれたベンチには
常に誰かが座って燻製をもぐもぐしてらっしゃいましたね

なんとも楽し気なコーナーでしたよ

あ~~ブンテンの麦酒を持ってきたいと思ってしまったのは内緒

・・・・・・・

一時は風雨で人出が心配されましたが
それでもたくさんのオキャクサマでにぎわった第10回さくらまつり

お隣の図書館イベントとの相乗効果もあって
ちいさなお子様からご年配の方まで
実に様々な年齢層の方が入れ替わり立ち代わりご来場くださいました

さくらの家の利用者のみなさんも
それぞれの持ち場で嬉しそうに接客していらしゃいました

さくらの家では定期的に「さくらカレー」を販売する日があるのだそうで
接客はお手の物かもしれませんね♪
これがまたおいしいカレーなのですよ
機会があればぜひお試しあれ♪「

・・・・・・

OPENの10時半から怒涛の4時間
あっという間に過ぎてしまって
気が付けば祭り途中のわがブースの写真は今年もゼロ

感謝の気持ちを込めて…と歌ってくださった
さくらの家のみなさんの大合唱「ありがとう」を聞きながら
さくらの家のカレーを頂きましたが
いえいえ、「ありがとう」を伝えたいのはこちらの方だな、と…

子ども達のお楽しみは最後に行われるこのチョコフォンデュ
沸き上がるチョコの泉に子ども達大歓声♪
カップに入った果物やカステラを
嬉しそうに流れるチョコの滝に突っ込む突っ込む



海士出店の度に来てくださる方
島後のお店にもご来店くださった方
お買物していただいた上お土産までくださった方
そうそう
西ノ島や知夫から足を運んでくださっている方も♪


振り返ってみれば
オシゴトというよりは誰かに会いに来たかのような、そんな気持ち
(^^♪

イベント企画の段階で
海の向こうの小さなお店のことを思い出し
声をかけていただけたこと…

主催者も参加者もオキャクサマも
みんながひとつの輪の中で楽しんだ
このほのぼのとあたたかな空気感の中に
ちょこっと混ぜていただけたこと…


しみじみとありがたく嬉しいヒトトキでした
<(_ _)>

そしてこの温かな時間に浸りながら
島のど真ん中にこの「さくらの家」という場所があるということ
そこにこめられた大きな意味とこの施設の役割を思いました

寒い中ご来場くださったみなさま
今年も呼んでくださった「さくらの家」のみなさま
毎度毎度てんやわんやのブンテンに
何から何までつきあってくれたスモークみなみちゃん
ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です