中町の巨大ツリー

クリスマスが終わりました

息子たちももうそれぞれが自分の世界でクリスマスを楽しむ年代なので
クリスマスムードはほぼゼロに等しい我家ですが
それでもやっぱりワクワク感が伴うのは
町を彩るイルミネーションのせいでしょうかね

有木地区冬の風物詩となりつつある「冬の蛍」をはじめ
この季節は隠岐の島も街角が華やぎます


イルミネーションといえば…

今年も中町目貫通りに一夜限りの大きなクリスマスツリーが登場しました

私達は残念ながらブンテンでのミニイベントがあって
観に行くことはできませんでしたが
お子様連れで、お友達と、
たくさんの方が足を運ばれたみたいですね

町に活気とにぎわいを…
そんな思いで取り組まれているこのクリスマスイベント

若者100人委員会さんの企画と運営です

写真:サムライくん

この日SNSにはこの会場の写真がアップされていました
そこに写りこむのは美しい光だけでなく
このイルミに負けないくらい
キラッキラの目玉を輝かせたたくさんの子ども達の笑顔

初夏に行われる「目貫祭り」のように
こうして回を重ねながら
地域の方に愛されるイベントに育っていくのだろうなーと
嬉しそうな子ども達の表情を見ながら思いました



「やっちまったな~ぁ」…なヒト

・・・・。

ビッリビリに破かれたのは来年のカレンダー

・・・・。

叱られると
パタリと足元に倒れて上目遣い

そして
あうあうあうあうあう~~~
あうあうあうあうあう~~~
なんとも恨めし気な声で訴えてみせたりする



以下
『テンの心の叫び』

なんでなんでなんで~!?
なんでだめなの~~~!?

なんで~~~~!?

やっちゃ「ダメ」なのは分かるんだけど
叱られるとまだまだごねたい
そんなお年頃


もちろん叱るんですけどもね
笑いをこらえるのに必死




それはあたかも自己主張をしはじめた子どものようで


ついつい我が子が幼かった頃の姿を
テンに重ねてしまうのです


笑いが絶えない、テンとのくらしです












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です