あれから10年

八尾川



自分が暮らす大地が揺らぎ
たくさんの尊い命が理不尽に奪われ
自然の驚異を思い知らされたあの日



2011年3月11日


あの日から10年が経ちました



大切な人と当たり前の日常を送ることができるということ

当たり前のことの中にある
ちいさな幸せに気が付くことができるということ


くらし(人生)の豊かさを支えるのは
金銭的な豊かさではなく心の豊かさだということ



この国に暮らす者の「しあわせの価値観」が
あの日を境に大きく変わっていった
そんな10年でした




被災地の10年それぞれの10年

被災地にくらす方のことばより…


・・・・・・・・・・・


10年目という今日は
私たちにとって
節目でも区切りでもなんでもなく
ひとつの通過点に過ぎません

次の10年
本当の意味での復興を目指して進むのみです


・・・・・・・・・・

がんばれとみんなは言うけれど
がんばれない人だっている

歩幅が違いすぎるんですよ


・・・・・・・・・・

あまり前に進まないようにしている
前に進むと
(娘の)思い出が遠くなってしまう気がするから…


・・・・・・・・・・・

町はなくなってしまったけどね
私はまだ全部言えるよ
ここは誰それの家、そこには何があった、って

景色だったり、人だったり、
(ここに暮らしていた)みんなの中に「故郷は」ちゃんと残っている

「故郷」にはいろいろあって
帰れない「故郷」だってある

だから
「ふるさと」の歌を聞くと泣けて泣けてしかたないんだ


・・・・・・・・・・・




この10年を超えてこられたみなさんの声を
ひとつひとつ思い出しながら

10年目の朝に



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です