ブンテンの2019

2019ももうゴールがすぐそこに見えてまいりました
大掃除も手付かず
年賀状も真っ白なまま
毎年のことではありますが
今年のこの日常感しかない師走月はいったいなんなんだと
少々苦笑いしたい気分のブンテンです


12月だというのにこんな空
アウターも、マフラーも、手袋も、
まったく必要なし

そうか、だからだ…
こんな天気だからやる気が起きないんだ年末仕事のあれやこれや
と…
言い訳の理由にしたくなるような
そんなお天気

というわけで
ブンテンの年賀状はまたしても正真正銘
新年を迎えてからしたためることとなりそうです
<(_ _)>

とほほ

ブンテンの2019

2019を振り返ってみると
何はともあれ『BuntenBeerStand』と『テン』が浮かんできます

BuntenBeerStandについては
設計の池田様、施工の吉崎工務店様に
本当にお世話になりました

ブンテンの一角
ほんのちいさなスペースでありながら
膨大な時間と手間と、そして思いを注いで頂きました

右往左往する私達の夢と思いに
実に丁寧に寄り添ってくださいました

打ち合わせの中で
ひょっこりと沸き上がる思いまで
細やかに拾い上げてくださいました

私達でさえ具体的に表現できないような、そんな妄想にも
その都度向き合い
ていねいにていねいに
提案を重ねていただきました



だからこその、「今」…


オキャクサマがひと時をここで過ごしてお帰りになった後
たくさんの笑顔の余韻を拾い集めるかのように
グラスを片付け
器を洗い
サーバーの始末をし
最後に
隠岐の木でできたカウンターをふきあげる

静まり返ったこのスペースを片付けるあの時間
いつもいつも
その「今」のありがたさを実感します



腕利き職人ぞろいの吉崎工務店
当店施工についてもサイトでご紹介頂きました
㈱吉崎工務店

ブンテンの施工を担当してくれたのは
私が一番最初にお勤めした学校で出会ったUさん
寡黙だけれど腕は抜群
人柄がにじむようなオシゴトぶりでした

Uさんの手で少しずつ形になっていったキッチン…
あの頃の日々の小さな喜びを

今でも時折感慨深く思い起こします


池田様は現在横浜に設計事務所を構えてご活躍中
某有名文具店の設計にも携わっていらっしゃいます
池田建築設計-IKEDA ARCHITECTURE

当店でも扱わせて頂いている『MyTree』は
池田様の奥様が隠岐の木を使って展開なさっているブランドです
どうぞサイトをごらんください
隠岐への思いがひしひしと伝わってきます
MyTree

・・・・・・・

持ち込み企画あれこれ…

BuntenBeerStandが動き出してから
クラフトビールを核にしていろいろにイベント活用してきました

当店が企画するもの以外にも
持ち込み企画でもいくつかご利用いただきました


その一部をご紹介♪

りんたろうくんのお誕生日会

ブンテン小僧に任命したいたろさんの3歳おめでとうの会を
佃屋大将のお持ち込み料理で…

一緒にお祝いできてうれしかったな~♪

佃屋ブログより…『たろさんのお誕生日会のこと


photo by @Kenzou-photography

薬膳おつまみとクラフトビール

「オヤトコ」さんによる持ち込み企画
クラフトビールに合う薬膳おつまみを食べよう♪の会

ある意味
初めてここをこんなカタチで利用いただいたこの企画

私達にとっても
ちょっと特別な一夜となりました

薬膳おつまみとクラフトビール 

歌おうオペラ♪

オペラを通じて島を元気に♪
ご夫婦でいろいろな活動をなさっている高橋さんの持ち込み企画

初めてこんなに近くでオペラに触れたかも

歌声の美しさ!
迫力!
見事な表現力!

私が椿姫になっっちゃったかと思った!!

いやいやそんな冗談は抜きにして(;・∀・)

お二人の歌声に魅了されてしまいました

心にダイレクトに響く、そんな歌声
自然と涙がこぼれるような…



これから1年かけて
島のみなさんをまきこんでオペラを演じちゃおうという
そういう目論見があるようですよ

興味がある方、ぜひ高橋先生のオペラ情報をチェック!
オペラ『愛の妙薬』参加者受付フォーム


この日のお料理はみなさま持ち込みで…
クラフトビールに合いそうなものがたくさん並んで
カウンターの風景もとっても楽しいものとなりました
( *´艸`)

・・・・・・・

来たる2020も楽しいヒトトキを提案できる
そんなBuntenBeerStandと京見屋分店でありたいと思います


というわけで

12月31日は年が明ける直前まで営業いたします

マスター樹が淹れる樹珈琲
それから
ブンテンのクラフトビール

初詣前にいかが?







2件のコメント

  1. 店長さんと一子さんの熱い思いが、
    一挙に花開いた年。
    そして、花園がどんどん広がってる様子が、手に取るように伝わってきます。
    この場に私も隠岐に居たかった!
    松江から毎日応援してますよ

    ほりえひろと

  2. 今年は私たちにとって、ちょっと特別な年でした。

    ただ…
    振り返ってみれば、これまでご縁を頂いた様々な方から
    エールを頂き、力をもらい、ブンテンの今があるのだなーと、
    しみじみ思った年でもありました。

    店長もよく言っております。
    ほりえさんと出会えたのはうちにとって大きかったな~…って。
    島のこと、お店のこと、通りのこと、私達のこと…
    いろいろな視点で様々な示唆と応援を頂いたなーと…。

    間に海が挟まってしまいましたけど、でも、今でもこうして変わらず隠岐の島とブンテンに思いを寄せてくださること…本当にありがたく嬉しく思います。
    夕方になると、やっぱり未だに、ほりえさんがふらりと登場してくださるような気がすることがありますもんね、もちろん、手には秀月堂の和菓子をぶらさげて(^^)

    またお会いできる日を楽しみにしています!
    よいお年をお迎えください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です