国際宇宙ステーション「きぼう」

今晩8時9分ごろに隠岐の上空を「なにか」が通過するらしい…

店長さんがそう言ったので
夕食後、八尾川橋まで出てみました

通過時間が分かっているということは
人工衛星とかそんな感じかな?と
おんぼらとしたイメージを頼りにきょろきょろと…


きっかり8時


こんな時間になっても
まだうっすらと西の空は明るさを保っているんですね

なにを探しているのか
自分たちでもよくわかっていないのに無謀かもねと思いながら
きょろきょろしていると
突如
ちいさな光がぽつっと西の空に表れました


少しずつ見え方が大きくなりゆくその光

飛行機なんかでは絶対なく
人工衛星などよりはずっと速い…

あ、これだ、私達の探していたやつは!…みたいな確信


西の空に突如ぽつっと現れた小さな点は
大きくなりながら、みるみるうちにこちらへ向かい
八尾川橋の上、私達の頭上を通り越していきました

そしてそのまま
愛の橋の真上に浮かぶ明るい月の方向に向かっていきながら
今度はみるみるうちに小さくなってゆき…

そのうちに
闇に吸い込まれていくかのように
すうううっと見えなくなってしまいました


知夫暮らし中の星博士つよちゃんに電話してみると
ちょうど知夫でも観測できたのだそう

そして
宇宙ステーションだと教えてくれました

そうか
これだったのか

大きな「きぼう」が
隠岐上空をかすめるように通過して行ったのか


これを私たちは見てたのね
( *´艸`)



そう思うと、なんだかうれしく不思議な気持ち…



・・・おまけフォト・・・

これを食べると夏が近いなーと思います

ソラマメ♪

味はもちろんのこと
鮮やかなライトグリーンのカラーも
ぴかぴかのつるつる
つるんとしたその形も
私のツボ

炭火で皮ごと焼いたりしたら最高なんだけどな

今日は茹でソラマメで…



・・・・・・・

スイカズラ

この季節、隠岐の島のあっちこっちで出会います

1つの株から
黄色と白の2色の花が咲く…

だから
金銀草とも呼ぶのだそう



・・・・・・・・・

ブンテン檸檬

花が落ちた後のブンテンの檸檬の木に
ちいさな檸檬の赤ちゃんを発見!

現在4つ

今年は檸檬サワーが何杯呑めるかな~♪
…去年は1杯でした…



・・・・・・・・・



今年も蛍が飛び始めたのだそうです

森の蛍といわれるヒメボタル
大きな光の 明滅が美しいゲンジボタル

隠岐ではどちらの蛍にも出会うことができます

息子たちが小さい頃は
蛍狩りが夏の夜の小さなお楽しみでした

懐かしいなー…

今や息子たちはオトモダチと蛍を探しに出かける年齢に…

この写真はサムライくん撮影です

写真先生たちに教えてもらい
最近は蛍や星の写真も撮るようになりました



・・・・・・・

その写真先生のひとりであるKENZOUくん

隠岐にアイターンしてきた青年です

隠岐暮らし歴は1年と少しですが
彼のカメラの中には
いろいろなものが切り取られて納められています

島ぐらしの中にあるもの
島の景色の奥深さ
ここにしかないもの
ずっと残しておきたいもの

日々の何気ない光景
とてもいとおしい景色


これは前の洲


夕陽と、潮の満ち引きと、風と、雲と…


夕ぐれ時の前の洲 は
いろんな要素が重なって
その日その時の景色がそこに浮かび上がります


隠岐暮らし27年にもなる私ですが
こんな前の洲には出会ったことありません



さて
この写真たちは
今、ブンテンのどこかに飾ってありますよ
でっかくど~んと、迫力あり♪

どうぞご覧ください



KENZOUくんの島暮らしを記したnoteもどうぞ♪

note 『KENZOUの島暮らし』

これも前の洲

サムライくんが撮りました
見事なリフレクション

テンの足の短さも、そのまんまに海の上…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です