春ですね~♪

タラの芽

地域おこし協力隊のみずまっくすから
タラの芽をもらいました

みずまっくすの任地、布施の山で採ったものなのだそう

東京から隠岐にやってきて1年
淡々と、ひょうひょうと、
隠岐の四季を楽しみながら過ごしてきた彼

ついに山菜をおすそ分けできるほどになったのね~
!(^^)!

そういえば
今はあまり使わなくなりましたけど
隠岐では島外の人を『旅の人』ということがあります

旅行者だけでなく
短期移住者なども含めてそう言います


風待港だった隠岐は
古来より北前船に乗って訪れる『旅の人』を
温かく受け入れもてなしてきましたが
そうした歴史的背景を思う表現のひとつです


そして
それは今もやっぱり同じです

島の人は旅の人をみかけると
ついつい近寄って(?)行きたくなるのです





悲しいかな
コロナ禍で今は少し状況は違うけれど
でもやっぱり
旅の人を見ると放ってはおけない
…うちの店長さんはその代表格…



風待ちの島としての歴史の中でそたった風土と文化が
「隠岐びと」の中には

今も脈々と受け継がれているのでしょうね



「旅のヒト」だった若者が
島暮らしを楽しみながら、少しずつ、「島のヒト」になっていく…

嬉しいことだなと思います



早速天ぷらにして…
もっちりとした食感とほんのりとした苦み
まさに「春の味」♪


おまけフォト

息子の引っ越しで松江まで行ってきました

新居に向かう大学裏の小径

懐かしの第2体育館とグランド
私が通っていた当時のまんま!!

驚くほど「まんま」でした



夕刻から冷え込んできたなーと思ったら
突然の突風と雷

そしてみぞれ…

名残り雪ですね
鍵紛失というアクシデントもありながら
帰りの高速船にギリ間に合う…!?と
そんなタイミングで全作業を終了

息子の「1年」が詰まったちいさな部屋

お世話になりました



北浦を通って七類へ向かいました

青い空と桜に誘われ展望台へ…


すっかり春の色に変わった海
その手前には
すっくと伸びたタラの芽が…



おみやげで頂いた箕面麦酒♪

この春隠岐に赴任してきた
地域おこし協力隊さんからのおみやげです

もちろん初対面

恐縮しつつも
重たいのにわざわざ持ってきてくださったことを思うと
しみじみおいしい麦酒でした
…もうのんじゃった…

人生2度目の「はじめまして麦酒」

ありがとうございました
箕面麦酒のこの王冠が好き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です