御霊会風流と鍋国のうなぎ

6月5日は御霊会風流の日です


なんだかんだとばたばたしているうちに
いつの間にか5月も最終日となりました

隠岐の島でもそろそろ梅雨の足音が聞こえてきましたね


毎年6月5日に開催される御霊会風流が終わると
島後では本格的に梅雨入りを迎えるのです



そういえば
不思議と6月5日は毎年晴れる

神様のお力かもねと感じてしまうくらいに…


残念ながら今年はコロナの影響で
いつも通りの神事はとりやめになりましたが
それでも拝殿での主な神事は執り行われるのだそう

それに向けて
お子さんが参加する浦安の舞などの練習も
毎晩のように行われていると聞きました

長い間大事につながれてきた祭り事

こんな時でも…

いや
こんな時だからこそ…


祭りの準備が粛々と進められているのでしょう



…御霊会風流…

武良祭風流、水若酢神社祭礼風流と並び島後の三代祭りの一つ
かつては島内48地区から神々が玉若酢命神社に参集されたが
現在は八地区の神が玉若酢命神社に参集するとされる

当日は朝から様々な神事が行われるが
なんといっても一番の盛り上がりは馬入れ神事
大太鼓の合図が鳴るやいなや
八頭の神馬が馬付きと呼ばれる男衆とともに
一気に参道を駆け上がる様は迫力があり圧巻
馬を使う民俗行事の中ではその勇壮さにおいて類例が少なく
昭和40年に無形民俗文化財として島根県の指定を受けている

以上玉若酢命神社御霊会風流ちらしより

御霊風流の日の過去ブログ



御霊会風流の日の朝の西町はいつもにぎやかでした

今年は馬入れ神事もありませんので
もちろんこの景色も見られません

寂しい6月5日になりそうです



6月6日はウナギの日
…ブンテン周辺のみ…

6月6日(土)はウナギの日です!!

…勝手に決めました…

すぐそこに迫りくる梅雨

気分や体調が崩れがちな梅雨時分は
おいしいうなぎでも食べて
気力も体力もあげていきたいことろ…


というわけで…

6月6日は
隠岐の名店『鍋国』さんのうな重を
テイクアウト販売させていただきます♪


『鍋国』さんというと
仕出しや宴会のイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんね

でも
隠岐堂書店で本を選んでいるときなんかに
どこからともなく漂ってくる
あのかば焼きの香りにヤラれた方はきっと多いはず
…店長さんもその一人 笑…

隠岐堂書店の斜め前
鍋国さんの換気扇がその香りの発生源です


どちらかというと焼きはしっかり目
香ばしくて、ふわふわで、甘辛のタレとよくあって、
なんともうまい

そんなウナギ



鍋国のうな重をTakeoutで…

おひとつ 1600円

この機会に鍋国のうな重をご家庭でお楽しみください

【予約限定】
予約は京見屋分店で承ります
2-0425

*HPお問い合わせ、SNSなどからもお気軽にどうぞ♪
*予約の受付は6月2日までとさせていただきます



…鍋国豆知識…

鍋国さんの名物に『焼飯茶漬』があります

郷土料理のひとつである焼飯茶漬
焼きおにぎりに出汁をかけてさらさらっと頂く茶漬け飯です

天皇陛下が隠岐に来られた際
鍋国の焼飯茶漬を召し上がられ
えらくお気に召しおかわりを所望されたという話は有名

コロナのあおりで
営業時間の短縮などを余儀なくされている鍋国さんですが
お昼は営業していらっしゃいます
ぜひ足を運んでお召し上がりください!

実は
つゆだくのカツ丼もファンが多い逸品です


ここだけの鍋国㊙情報ですが…
うなぎだけのtakeoutにも応じてくださいますよ!
…ぜんぜん㊙じゃないか💦…


うなぎ丸ごとのテイクアウトのお問い合わせなどは
鍋国さんまでどうぞ

鍋国
☎:08512-2-0231







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です