ブンテンの12月

12月の居酒屋ゆう屋

今年最後の『居酒屋ゆう屋』が終わりました

一晩明けてまだだ~れも起きてこない家の中
私のPCルーム(というかスペース)で
ぼんやりと昨日のことを思い起こしているうちに…

また食べたくなった


まだ写真が整理できていないので
また改めてこの日の様子はアップしたいと思います

お楽しみに
!(^^)!


水高新巻鮭がやってきた

今年も我が家にやってまいりました♪

隠岐水産高校の食品生産コースの生徒さんが作る
隠岐水名物【絶品】新巻鮭♪


鮭の受け渡しの時に3年生が活躍するのですが
今年はとっても嬉しい顔ぶれの面々が…♪

我が家のアバレンボウくんの同級生たちです

重たい鮭を率先して運んでくれる姿の
なんと頼もしいこと♪


毎年この場でテキパキ働く水産高校の生徒さんの姿に感心するのだけれど
今年は格別に嬉しいヒトトキでした

・・・・・・


帰りかけた私を見つけてかけよってきたのは
最後にお勤めした学校での教え子ちゃん
進路が決まったことを
誇らしげに、嬉し気に、教えてくれました

ここで注入された隠岐水魂をもって
未来に大きく羽ばたいていくんだろうな

いつか帰ってこいよ~、この鮭みたいに…と
こそっと心の中でつぶやきつつ
がんばれのエールを送りました

さて
おいしい新巻鮭を楽しむためには
「食べられる」サイズに切り分けなくてはなりません

以前は3枚におろしてたのですが
「ぶつ切り方式」がラクチンだと判明

今年もやっぱりブツギリで♪

例年に比べて気温が高かったのもあって
昼前に受け取った鮭は夕方にはかなり柔らかくなっていて…
(◎_◎;)

でもまあそのぶんシゴは楽ちんだったかも

すべてブツブツのブツギリにしたら
ラップでくるんで再び冷凍庫へ…

毎年恒例の一仕事です

・・・テンさんの訴え・・・

あまり無駄吠えはしないテンさんですが
長い棒とか、突然視界に入ってきた見慣れないモノとかに
えらいこと反応して吠えたてることが
稀にあります


この日はそんな日でした

自分の体長ほどもある鮭が
自分の立ち入り禁止エリアに堂々と入っていったのが悔しいのか

それとも

「おいしい香り」がうらやましいのか

テンさん、必死の訴え

・・・タコガイ・・・

欲しくてたまらなかったモノを頂きました

アオイガイの「貝殻」です
貝殻っていうのかな…?
この中で暮らすのは貝ではなくて小さなタコ
通称「タコガイ」と呼ばれています

…私はそれが学名だと思ってました…

ちょっとめずらしい生き物ですが
これが今年はあっちこっちで捕獲されているのだそう


タコなのか?
貝なのか?
アンモナイトの生き残り?

ちいさな頃「ラルース」という写真図鑑でこの生き物のことを知ってから
私の中ではちょっと特別な存在感をもつイキモノに…

小学校の頃のオトモダチのおうちには
もっと大きなこの貝の殻があり
玄関に飾ってありましたっけ

それが欲しくてほしくてたまらなかった記憶があります

50過ぎて
まさかタコガイの貝殻をゲットできるなんて
思ってもみなかったな

3年生の頃の私に教えてやりたい
「51歳になったらタコガイの貝殻もらえるよ」って

・・・おみやげ・・・

オトモダチから頂いた石見セット

石見麦酒の銀山ラベル♪
そして
浜田といえば…な赤テン
「江木ナウナウ赤テン」

最高♪



なんで「ナウナウ」なんだろと
このパッケージを見るたびに考えこんでしまう…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です