『風の国』~石見麦酒~へ♪

石見麦酒



今年も八朔がとれましたよ、と
油井で育った『北限の八朔』をどっさり分けていただきました♪

なんとコンテナ6箱分





もちろんこの八朔は
「おきのしましまビール」の香りづけ用

「おきのしましまビール」の華やかな香りは
八朔のピールのなせる業なのです


せっかくご厚意で頂いた八朔たち
新鮮なうちに「隠岐の香り」を届けねば!!


というわけで
段ボール箱に詰めかえた八朔を携えて
江津の石見麦酒さんまで出かけてきました

全部で5箱の段ボールにぎゅうぎゅうに詰め込まれた八朔たちを載せ
西へ、西へ


9号線を一直線で…の、はずだったのに
ナビに従って自動車道でいくルートをチョイス…



いつの間にやら島根と広島の県境越え


県境にはまだ雪が…


むむむ
またやってもうたなこれ
(;・∀・)


私、前科があるのです
とほほ

おかげで高速道をひた走る超ロングドライブとなりました

大幅にガソリンを浪費したものの
予定時刻はなんとか守って石見麦酒に到着~!!

工場長さんに無事『北限の八朔』をお届けすることができました♪

これで今年もおきのしましまビール(SAISON)は安泰です
!(^^)!

この八朔
隠岐と八朔のPRになれば嬉しい、と
油井で八朔を作っている方のご厚意で寄せていただきました

もちろん
「おきのしましまビール」の原料のひとつ「隠岐の香り藻塩米」も
導入の段階でJAさんにいろいろお世話になりました

そして
石見麦酒さんでは
私たちのいろんな夢や思いを黄金色の飲み物に変え
ちいさなbottleに詰めてくださっているのです

「おきのしましまビール」には
いろいろな方の「思い」と「おかげ」が詰まっています


そして今年の新たな展開!

ビールに使うのは皮だけなので
果肉を使って八朔のリキュールも仕込んでくださることに
!(^^)!

こうご期待♪

私たちもわくわくです♪


工場長さんの知恵と工夫がいっぱい詰まった工場内部

お世辞にも広いとはいえない工場ですが
ここから「おいしいBeer」が山ほど生まれるのです

コロナ禍の中にあって
ピンチをチャンスに!と
先を見越して手を打ち続ける石見麦酒さん

その進化はとどまるところを知らず…

昨年は桜江町『温泉リゾート風の国』に工場を移転

コロナ禍の先の未来を見据えながら
お酒の力で泊まりたくなる街へ…と
その言葉どおり、桜江町にたくさんの人を呼び込みました


広い敷地を持つ『温泉リゾート風の国』

グランピング施設あり
整備が進むロッジあり
温泉もあり
そしてなにより
おいしいクラフトビールがある…

最高すぎませんか、それ
!(^^)!

クラファンのリターンで刻んで頂いたブンテンのネームと
石見麦酒のかわいい箸置き♪

ネームが刻まれたタイルも箸置きも
石見麦酒の社長さんが作られたものです

ご夫婦そろってモノづくりの達人!


そのまま泊まっていきたいところでしたが
まだもうひとつ
この日は我が家の最重要課題が残っている…

滞在時間わずか30分ほどで『風の国』を後にして
再びのロングドライブ

ここまで来ながら
麦酒を呑まずに泊まらなずに帰るなんて
残念無念ですが致し方なし

次こそ、次こそ
何がなんでも泊まりがけで来なければ…

ペットと泊まれるコテージもリニューアルしたそうですよ

クラフトビールに温泉三昧
テンも一緒に…

これはもう
『風の国』というより『夢の国』
💗

みなさまも『風の国』へ遊びにいきませんか?

温泉リゾート 風の国 公式サイト

ビールのテイクアウトは3月末で終了いたします

現在ブンテンが臨時で発行していただいている酒販許可ですが
この3月末までで終了となります

てんてんラベルの「おきのしましまビール』他
石見麦酒のビール&シードルをを
持ち帰っておうちで楽しんでいただけるのもあとわずか…

この機会にぜひご家庭で「おきのしましまビール」をどうぞ♪


*ギフト箱もあります
*要冷蔵です
*長期間持ち運ばれる場合は保冷剤などのご用意をお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です