大雪

それにしても、この数日、よく雪が降りました
そして、海も空も、よく荒れました

フェリーはやっぱり欠航しました

年の瀬に欠航が続くと
様々なことに影響が出てきますね

施設などに用品を納めているブンテンの倉庫は
メーカーの年末年始のお休みを見込んで多めの荷物となるのが常。

…あまり知られてないけどそういうオシゴトもやってます…

だから…
欠航となると荷物がまとまってドカッと届くので
ギュウギュウのパンパンに…

倉庫の奥のトイレにすら行けないレベル
( ;∀;)

でも…
この程度の大変さは
「苦労」のうちに数えられないレベルの話であって
もっともっとご苦労されている方はたくさんいらっしゃいます

特に運輸を担う方々は、ほんとーーーに大変そう


2日続きの欠航明けの日なんて
夜遅くまで島中をかけまわっていらっしゃいますね

ただでさえ荷物の多い時期…
しかも
積雪のせいで、本道路以外の細い道筋では
走行も、お届けのための駐車スペースを探すことも
神経をつかう作業の連続であることは想像に難くない…

そうしたお仕事に携わる方々の努力のおかげで
離島のくらしは成り立っているということを
こうした折に痛感します



そうそう


「日本海寒帯気団収束帯」という耳慣れない言葉を
今回の寒波をきっかけに目にするようになりました

大寒波やドカ雪の要因となる気象状況なのだそうです

大陸側から南下してくる寒気が
朝鮮半島あたりの高い山にぶちあたることによって
いったんは東西に分裂し、そのまま南下

日本海上で再びその寒気が合流し
そこで発達した筋雲が
日本海からの水蒸気を含んで1000kmにも及ぶ雪雲となるらしい…

鳥取で200台を超える車が立ち往生した2017年の豪雪も
この「日本海寒帯気団収束帯」が原因なんだそう

むむむ
なかなか手ごわい感じ…

毎年のお正月は出雲の我が実家で過ごすのがお決まりでしたが
今年は諸事情により断念したところでした

残念ではあったものの
まあそれでよかったということかも?
(;・∀・)

今年の年末年始は島でのんびりすごします


人々の営みも止まってしまったかのような静寂の中
八尾川橋から見るこの景色は
雪の日のひとつの風情



・・・・・・・・・



雪が降ると大変なことも多いけれど
お楽しみもいっぱいあります

テンのお散歩もそのひとつ

雪が降ったら、もれなくこうなります…
夢中で食べすぎて
顔中雪だらけ


脚が短いもんだから
ラッセル車みたいに雪をかき分けつつ進む
雪原に残るはテンの痕跡

雪の上にみんなで描いた、大きな「マル」
ラッセル車みたいな彼女たちだから
後に続く子はとってもラクチン♪

というわけで
自然にできるかわいい行列
コギ列車です

とは言いながら
未踏の新雪をけちらしながら
トップでゆく心地よさよ!!

のんびりテンさんなので
若干雪煙はショボめですが
それはそれ
本犬は十分楽しんでおります
(^^♪

おとうphoto
「日本海寒帯気団収束帯」も
ちょびっと勢力が落ちたのか
いいtいちい昨日はお日様も出て、雪もずいぶん溶けました





夕ぐれ間近、青と橙のグラデーションの空
消え残りの真白な雪
点々とつづく、テンテンの足跡
小さいちっくんの、きつねっこ並みの大ジャンプ
どれもこれも
冬の日の、愛おしい束の間。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です