雨水の頃…

雪玉

この冬はよく荒れる…

降雪量としては
数年前の大寒波には及びませんが
2日続きの欠航がほんとうに多い気がします


滞っていた荷物の配達で
昨日も宅配業務のみなさんは大わらわだった様子…


ブンテンにもどっさり届けていただきました
<(_ _)>




降り続く雪に埋もれそうになっていた隠岐ですが
昨日からは雨に変わりました


白く雪化粧を施した景色も今年は見納め?

それはそれで、ちょっと寂しい…

そういえば
昨日はちょうど二十四節季のひとつ

「雨水」(うすい)でした

空から落ちるものが雪から雨に変わる頃…という日。

ちょうどそんな日。







・・・・・・

テンテンの朝のさんぽは、おとうさんと…

テンと一緒に歩く朝の時間のおかげで
人生がちょっと豊かになる気がする


時々店長さんはそう言います

犬の散歩ごときで人生とは、なんと大げさな、と、そんなふうに思われるかもしれませんが
くらしの豊かさは
そうした「ちいさなしあわせ」の積み重ねの中にあるのだろうと
この歳になってよく思います


テンと暮らす中で
改めて気づかされたことや
初めて知ったことはたくさんあって
日々の「ちいさなしあわせ」の実感も、そのひとつ。

犬と暮らすということはそういうことだと思います

店長さんが撮る朝のテンテンは
不思議とちょっとかっこいい


・・・・・・・・・・

テンテンは足が短いので
雨や雪が降る日はエプロンが欠かせません

室内で飼っているから
お散歩の度に泥だらけになられては大変なのです
(^^ゞ


そして

このエプロンのおかげで
雪の日はちょっとおもしろい現象が起こります

雪まみれになって遊んだ日は
必ずと言っていいほど
エプロンの中に「雪玉」発生

湿った雪の日は
オオモノができます
上手にまんまるく仕上がった雪玉

これをおなかにいれて
ずっと走っていたんだな


サラサラの雪の日は
うずらの卵みたいなちいさな雪玉が…

テンテンがおなかでこさえたこのちいさな雪玉たち

まもなくしたら
テンテンたちの「なかの中」へと
逆戻りしていきましたとさ


おいち♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です