ぐるり1周 銚子ダム

昨日はぐっと気温が上がりましたね
松江は昨日、今日、と、予想最高気温は29度になるとのこと。
隠岐の島も昨日は25度ほどの気温だったのだそう

午後からは観葉植物の植え替えなどしたんだけど
ちょっと動くと汗だくでした

この季節になると植物たちもとたんにのびのびとしてくるもの

体に合わないサイズの鉢に
ぎゅうぎゅうと根っこをつめていた小さな緑たちも
ひとまわり大きい鉢に変えてやるだけで
みるみる元気になっていく気がする不思議
…自己満足??…

そうそう
先日、オトモダチから送られてきた「つるなし朝顔」の種もまきました


つるなし朝顔なんてオトモダチのFacebookを見るまで知らなかった…
そうコメントしたことを覚えていて
種を送ってきてくれたんでしょうね

私のまいた朝顔はどんな色の花が咲くんだろう♪

楽しみです






銚子ダム

夏の日差しは大好物なので
梅雨をすっとばして夏になればいいと思うくらいなんですが
猛暑とか、重なる集中豪雨とか、蚊がでてくることとか
困ることもいくつか…


中でも一番の大問題はテンテンのお散歩です


ダブルコートをまとったテンテンたちは、極端に暑さに弱い。
…昨年も熱中症になりました…

そのうえ、あの脚の短さゆえ
コンクリートからの輻射熱をダイレクトに受けてしまいます


どこか気持ちよく(涼しく)歩けるコースないかなーと
あれこれ考えていたのだけれど、ふと思いついて
隠岐の島唯一のダム『銚子ダム』周辺コースへ行ってみることに…


我が家の長男とほぼほぼ同い年の銚子ダム
1999年に完成
古典相撲も開催されましたね

中村に向かう「武良道」沿い
緑に囲まれなみなみと水をたたえているダム湖の景観は
いつ訪れても爽快感を味わえる♪

島後の山の深さとその恵みを感じさせてくれる景色でもあります

・・・・・・・


ダムの管理棟やトイレ、あずま屋などが整備されたちいさな公園に車を停め
そこからぐるりと銚子ダム1周コースに出発です

年齢詐称疑惑を常にうけつづけているテンテン
散歩はのらりくらりと歩くことで有名なんだけれど
この日はいつもと違う景色に刺激をうけたか
降り注ぐマイナスイオン(きっと)のおかげか
ぐいぐいと前に進みます

橋の上はいい風が吹き渡り、なんとも気持ちいい♪




ダム下手の橋の上から…
左手に見えるのは原田方面


隠岐のちびっこたちのハートをわしづかみにしている
手の前公園の遊具が見えました

このダムができてから水がにごっちゃいましたが
それまではここの水は本当に澄んでいてきれいでした

ごつごつとした岩の間を流れる清流
岩肌が滑り台状になった箇所や小さな滝つぼもあって
夏の絶好の遊び場でしたね




その反対側にはダム一望の景色!!

この季節の山はとにかく新緑のパワーがみなぎっていますね


若草色、萌黄色、鮮やかに光る緑に、濃い緑。
それぞれの木々がそれぞれの新緑カラーで
もりもりともりあがるようにして…

私達は爽やかな風が届けてくれる新緑の香りを嗅ぎながら…
テンテンはそれにのって届く(らしい)、獣のニオイに反応しながら…

ごきげんで散策しました

すぐそこに響く山鳥の声
走り去るオキノウサギ
誰かにやられたらしい雉の羽根
きっとここにはマムシもいそう
いろんな生き物の気配
もあちこちに。

木々の中を抜けるようにして歩くのですが
時々、ひょこっと開けた場所がありダムが見えてきたり…


山の中ならではの『小さな発見』があったり…

崖に張り付くようにしてノイチゴがなっていた!!
まだ小さかったけど
キイチゴもありましたよ
これはなんていうムシ!?
人の顔のような模様にびっくり!!
すぐそこに頭をのぞかせているのが大満寺山。
水があまり見えていませんが、これも川。
仏谷川、と書いてありました。

ほんとうは、1周ぐるりと回るつもりででかけたけれど
1周まわるには、本道「武良道」を一部歩かなければなりません

割と高速で車が行き交う本道を
テンテンを連れて歩くのはちょっとな、と、
仏谷川のところから引き返してダム湖周辺散策はおしまいです


朝と夕方、2回お散歩しましたが
その間、車には1台も出会わなかった


そういえば
次男の自転車練習でこの1周コース走ったよね~と
懐かしい思い出話もしたりして…

新緑の中、マイナスイオン浴びまくり
気持よいダム湖ぐるりのお散歩コースでした

高いところにくればのぞきたい性質(たち)

テンテンも
わたしも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です