今年最後の野苺

3年ぶりの御霊会風流に湧いた隠岐の島

御霊会風流の日は朝からどんよりとした空模様で
なんとなく雨も心配ではありましたが
なんとか日中持ちこたえ…
祭が終るのを待っていたかのようなタイミングで雨が降り出しました

神様の御計らいがあったかのようでしたね

その翌日は結構な降り様ので、雨が降った。

楽しみにしていたお祭りも終わったし…
みんなも帰っってしまったし…
そんなどよーんとしたブンテンを投影したかのようなイチニチでした



翌日の八尾川も
▼▼▼

こんなに水位が上がってた!!!


最近の雨の降り方はちょっと異常。
2年続きで隠岐を襲った豪雨被害のようなことが
今年は起きませんように…と願いつつ川面を見つめた朝でした


・・・・・・・

そんな雨上がりの定休日

夕方に差し掛かったそんな頃合いに
野苺山のおとうさんから
「のいちごがまだ採れますよ」とご案内が届きました♪


この雨で、もう野苺も終わりだろうと思っていたけれど
まだ少し、いい粒が残っていたのだそう

初めておじゃました野苺山は
おとうさんの言われる通り、雨で少しゆるくなった粒も多かったけれど
ドクダミなんかの草陰をガサリとかき分ければ
それでもコロリンとした野苺が顔を出します


野苺山のおとうさんのあとをおぼつかない足取りで追いながら
店長さんと、私で、野苺収穫大作戦を展開






しっとりと湿った土のニオイにどくだみの放つ独特の香りが加わって
ここだけ空気の密度が濃くなっているかのような
雨上がりの日の山の香り…

こんな香りの中に、久しぶりに身を置きました♪

トゲトゲにびびりながら
時々顔を出す得体のしれない昆虫にびびりながら
かわいい野山の花に癒されながら
草をかき分けかき分け、30分ほどの宝さがし

子ども時代にかえったかのように
無心になって楽しみましたよ


どよーんとしたままイチニチを終えてしまいそうだった私達でしたが
野苺山に誘っていただいたおかげで、一気に心も体もリフレッシュ

いいおやすみになりました
(^^♪


ドクダミ群を避けるようにして
ひっそりと咲いていた「トラノオ」

連れて帰りたくなるくらい
可憐でかわいい花でした


・・・・・・・

宝探しのあとはちょこっとお宅におじゃまして
お茶を頂きながら、おしゃべりも楽しみました


自然の恵みをいただきながら
目の前の山や海を愛でながら
そうしてゆったりと日々を送る

食べたいものも、暮らしの道具も
必要なものは、とりあえず、自分の手でつくってみる

必要に迫られて…というよりは
あえてそれを楽しんでおられるのです


なんと豊かで贅沢な時間だろうと思います


子ども達が我が家を離れ
時間的には余裕もあるはずなのに
元来がものぐさで、結局ラクチンなことを選んでしまう私には
なかなかこんな風にはできないけれど…

これから歳を重ねていく中で
「くらしを楽しむ達人」たちの極意を教わりつつ
プチ達人…くらいにはなれたらいいな~と、心から。


野苺山のおとうさんおかあさんのように
「くらしを楽しむ達人」が
この島にはたくさんいらっしゃいます

「くらしの達人図鑑」を作りたくなるくらいに




さてさて
これが今年のブンテンのノイチゴおさめ…

ノイチゴが終わると、島には梅雨がやってきます

帰宅後せっせと仕分けをした野苺
ベリージンを作りたいという息子に送ります


店長さんと私が採った野苺をあわせても
野苺山のおとうさんお一人の収穫には敵わなかった


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です