「夏の声」の主

夜はとっとと眠りについて、朝早くに起きだす暮らしをしています

冬の早朝はちょっと寒くて辛いけど
このくらいの季節になると朝はほんとうに気持ちがいい♪

4時にはすでに明るくなりはじめる窓の外
一部レースのカーテンだけにしている窓から差し込むその光のおかげで
4:30のアラームが鳴る前になんとなーく体が起きだす準備を始めているのでしょう

アラームを止めて、少しだけベッドの中でスマホをスクロールして
それからのそっと起き出します

ちょっと前まで起きぬけには少しだけストーブをつけてたのに
もちろんもうそんな必要もなくなったし
裸足でフローリングを歩くことも苦にならなくなりましたね
…なんとなく裸足が好きな性質…

そうそう
今朝は、「あの声」で目が覚めました

ぐーぐー、ぽっぽー!!
ぐーぐー、ぽっぽー!!

一定のリズムで響く、くぐもった土笛のような声。

鳩だとは思っていたんだけれど
出雲大社にもたくさんいる見慣れたあの「鳩」ではなくて
キジバト(ヤマバト)という鳥の声なのだそう

この声を聞くと、決まって胸に浮かんでくるのは子供の頃のこと…。
夏の朝の、どうってことない記憶です

夏休みの朝、ラジオ体操に向かう時分の少しひんやりとした空気感…
素足にサンダルをつっかけた瞬間の冷たさ…
首にかけたラジオ体操カードのビニルの紐が首にまとわりついて嫌だったこと…

そういえば、ラジオ体操に向かう道々、この声がいつもどこかに響いてた気がします

どんな鳥が鳴いているのかなんて当時は全く知らなかったけれど
この独特な鳴き声とリズムが耳に残り、鳴きまねをしながら歩いたもんです


…未だにこの声を聞くとつい一緒に「鳴き」たくなります…


私にとって「ぐーぐー、ポッポー!!」は
まさしく「夏の声」なのです
(^^♪

昨日は少しだけ窓を開けて眠りました
今朝はその窓からひんやりとした風がそよっと吹き込んで
ほんとうに爽やかで心地よい目覚めでした

そんな中
ベッドの中で転がりつつ
キジバトの「ぐーぐー、ぽっぽー!!」を聞いた朝

さすがに「ぐーぐー、ポッポー!!」…と、一緒に鳴いてみたりはしませんでしたけど
そんな懐かしい記憶にまみれて、なおさらに気分のいい目覚めでした


さて
夏の声「グーグー、ポッポー」が聞こえだしましたしね
隠岐の島もそろそろ本格的に暑くなりそうですね

おまけフォト

高校の同級生が訪ねてきてくれました

おみやげには自作のロウスイーツ♪
アレルギーを持つ彼女が工夫して作るお菓子は
なんともやさしい甘さとおいしさ

そして
彼女のお母さんがつくるわかめの茎の辛し和え

これまた絶品!!
今日は久々のステフピザの日♪

今日はベーコンとチーズのハーフで♪
いつもどれにするか迷うけど
ハーフにすると2つの味が楽しめて嬉しいですね

初チャレンジのベーコン
これもムチャうまでした
(^^♪


が、しかし。

ダイエット中のテンテンには
完全なる「鼻の毒」だった模様

見上げる顔の必死さよ…


ごめんよテンテン



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です