三浦ひろきさんがやってきた!!

三浦ひろきさん来島

薫風爽やかな候となりました

がしかし。
一昨日のそれは「薫風」というより「暴風」

花の香りを運びつつ爽やかに…どころか
空一面を霞ませてどっさりと黄砂を運んできよりました
( ;∀;)

それでも
その風に運ばれるようにして
初夏の気配はあちこちに

気持ちのよい日差しがうれしい♪

こういう日は
妄想がかきたてられてそわそわしてしまいます

あれ?しません?

しますよね??
(;・∀・)


私はします
…私はいつもケソケソです…

ケソケソ
隠岐弁:そわそわして落ち着きがないこと

三浦ひろきさん、隠岐の島上陸

ゴールデンウィーク翌日の木曜日
ブンテンは臨時休業を頂きました

「新たな風」を感じるための、おやすみですと
SNSでは書きました


この日ブンテンに「風」を吹き込んでくださったのはこの方

浜田市議を務める三浦ひろきさん

浜田の最若手の市議さんとしてももちろんご活躍ですが
その他にも諸々の「顔」を持つ三浦さん

ご存知の方もきっと多いはず

三浦ひろきさん略歴


…三浦さんHP「関わることを、おもしろく」より…

1980年1月29日、島根県浜田市生まれ。37歳
国府保育園→松原小学校→浜田第一中学校→浜田高校→早稲田大学政治経済学部

国会議員秘書、国際NGO職員を経て、浜田市へUターン。
NPO法人てごねっと石見のスタッフとして
商店会活性化事業や創業支援事業などに携わる。
2014年に株式会社シマネプロモーションを設立し
県内企業や自治体の事業・商品開発支援を行う。

▷株式会社シマネプロモーション
shimapro.net
▷NPO法人てごねっと石見 理事
tegonet.net
▷島根大学COC+事業 キャリアプランナー
allshimane.shimane-u.ac.jp
▷しまコトアカデミー メンター
shimakoto.com

それ以外にも…

松江のギフトショップ「yutte」…
島根発、オリジナルバッグブランド「HARIYAMA」…
などなど

このあたりにも「みうらさん」が見え隠れ

さて
そんな感じで
超多忙な日々を送っておられる三浦さんですが
その合間を縫って隠岐にやってきてくださいました
!(^^)!


本当は、ブンテンとしてお願いしたこともあり
上陸してくださったのだけれど
三浦さんのお話を聞くことができるなんて
これはまたとないチャンス

コロナもあって
たくさんの人をご案内することは難しいけれど
苦肉の策…
「ちいさなお話会」という形で
三浦さんのお話を聞く会を開催しました



誠実に、謙虚に、でもアツい思いをもって
ご自身のこれまでの取り組みや経験を語ってくださいました

それにしても…

ワクワクしている人のお話を聞くと
そのわくわく感はまちがいなくこちらに伝わってきて
聞き手もワクワクしてしまうものですね



時間にして1時間半ほどだったでしょうか
三浦ワールドにもれなくみなさん引き込まれ…
あっという間に過ぎてしまった気がします

お話会が終わってからも
まだまだお話を聞きたい方ばかりだった模様

誰も帰ろうとしませんでしたもんね



時間いっぱい
たくさんの心の動きと様々な視点をいただきました


さて
このワクワク感が冷めないうちに…

「どんな人生を送りたいか」
「どんな町に自分は暮らしたいのか」
「京見屋分店はどんなお店であったらいいと思うのか」
「この町にあってブンテンは、どんな”場”でありたいと思うのか」

今一度じっくりと考えながら
三浦さんが届けてくださった「風」にのっかって
次の一歩を踏み出したいなと思っています

いろいろな刺激とヒントを頂きましたが
私の中で一番印象に残ったのは「まちづくり」の捉え方…

「まちづくり」というとちょっと高いハードルがあるけれど
そもそも

「まち」は一人ひとりの「くらし」の集合体

まずは
一人ひとりそれぞれが
「自分がどんな町でくらしたいのか」
「どんな人生を送りたいのか」
それを実現させること
「どんなふうに暮らしたいのか」考えながら町に関わり続けること
そうしていくことで
くらしよいエリアに、町に、なっていく…

なんてsimple!!


世界平和を願って国連で活動をしていた三浦さんも
東京で橋本龍太郎さんの秘書をしながら
政治の世界に関わってきた三浦さんも

浜田のくらしよさをめざして活動している三浦さんも

パワフルな行動力を支えていたのは
『自分が過ごしたい人生を実現する』という思いなんでしょう

その舞台が
「世界」から「日本」へ、
そして、地元「浜田」へと
移り変わっていっただけなんだなーと
お話を聞く中で改めて思いました




町はみんなでつくるもの。
でも、ひとりひとりがつくるものでもある。

どうなったらいいのかを
ひとりひとりが真剣に考えて
実現に向けて動くことから始めたい。

大切な視点を頂きました



さすがご縁の国しまねだと、
このご縁に感謝しまくりの3日間

超多忙な中でお時間を作っていただいた三浦さんご夫妻
三浦さんとのご縁をつないでくれた仲間達に
心より感謝いたします

ありがとうございました



おまけフォト



『関係人口』という言葉を世に生み出したことで知られ
島根にこだわり島根で活動を続けていらっしゃる田中輝美さんが
学生と一緒に書かれた1冊の本

『地域ではたらく\\風の人//という新しい選択』


島根をもりあげている8人の生き方や働き方を紹介したものです

実はこの8人の中に…

もちろん
!(^^)!

著者の田中さんのサイン入り♪

やっぱり「ご縁の国、しまね」
いろいろなご縁のおかげで
ブンテンの今があります

地域には「風の人」と「土の人」がいると言われるそうです

その土地に根付いて受け継いでいく「土の人」
地方と地域をまたいで活動しそこに新しい視点をもたらす「風の人」

「土の人」あってこその地域だけれど
そこに新しい「風」が吹き込むことで生まれるモノも
たくさんありますね




おまけのおまけフォト

おとなの秘密基地『浮波拠屋』にて野外BBQ

ここでBBQしてると
時々差し入れ頂くことがあるんです
釣れたてのイサキとか
バケツいっぱいのサザエとか



隠岐のおすす分け文化のなんたるかを語っていたら
まさかの「釣れたてイサキ」が登場
( *´艸`)

恐るべし
隠岐の島のおすそ分け文化







翌日の卯敷の海

快晴べた凪
これ以上ないコンディション
もちろん入ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です