送り盆

今日は送り盆。

こちらの世界にひとときお戻りになっていたご先祖様を
様々な思いを込めて、また、送り出す日。


隠岐の島ではちいさな「盆船」をしたて
お供え物をのせて海に流すしきたりがあります
ちいさな帆をたてたその船に乗って
ご先祖様が帰っていかれるのだと言います
西の彼方、極楽浄土に向かっておすすみくださいと願いを込めて
帆には「西方丸」と…

同じ隠岐でも中村地区は盆船ではなく灯篭を流すのだそう

それぞれ形は違っても思いは同じ、ですね


・・・・・・・・・・


送り盆の日の朝は、1日だけのラジオ体操をやりました

店長さんのムチャぶりラジオ体操に参加してくれたのは
ブンテンのカワイイオキャクサマ、AくんとIくん

毎年の隠岐行きをいつも楽しみにしていたというAくん
2年ぶりとなった今年の隠岐旅前日は
うれしすぎてなかなか寝付けなかったのだそう

あいにくのお天気が続いたお盆だったけど
それでも最後は晴れ間も出て海遊びもできてなによりでしたね

ラジオ体操もできちゃったしね



ラジオから流れる音楽に合わせて動くうち
次第に身体と頭が目覚めていく感覚はそこはかとない心地よさ

そして、まだ腫れぼったく眠たそうな顔ではありながら
見よう見まねで一生懸命体操してみる2人の姿の、なんとかわいらしいこと
^ – ^

2人ともラジオ体操自体初めての体験なんだそうですよ

私達世代にとってラジオ体操といえば夏休み、夏休みといえばラジオ体操…
夏とラジオ体操は切っても切れない関係にあります

郷愁の思いとともに脳みそに刻み込まれた夏の記憶のせいなのかどうなのか
夏になるとラジオ体操を企てなくなるラジオ体操おじさん(店長さんのこと)ですが
ここしばらく開催できなかったので
前日からソワソワと準備に余念がありませんでしたよ


2人のあのいじらしくもかわいらしい体操姿に
眠たい中よくつきあってくれたよねー(涙)と
感激しきりのラジオ体操おじさんでした

…来年もラジオ体操一緒にやってくれるかな 笑…

ラジオ体操3種の神器といえば
ラジオ、印鑑、そして、ラジオ体操カード
もちろん
ラジオ体操カードは店長さんお手製です
…気合入ってます…

久しぶりに本領発揮のラジオ体操おじさんでした
グーグル先生の気の利いたおしらせ
「5年前の今日」

かわいいAくんと、まだカウンターが無い頃のブンテンと
そして
若干若いわたしたち


・・・・・・・・・・・

そういえば
毎年大混在となる盛夏ダイヤのお盆フェリーも
今年は例年とは比較にならないほど空いていたのだそう


コロナ禍以前のお盆なら
帰省と観光のお客様で人口がずいぶん増える隠岐の島
お盆の隠岐は人口増の影響で、2cm島が沈じゃうくらいだというのに…
…嘘です…


そんな日が戻ってくるのはいつなのか

来年のお盆こそ
当たり前に帰省ができる、旅ができる、そんな世の中になっているといいのにと…
今年もお会いできなかった「いつものお盆のオキャクサマ達」を思う
そんな送り盆の日でもありました

「おかえりなさい」の声とキラキラの笑顔が飛び交った
2年前のお盆の光景
そしてみんなよく呑みましたな


blogより…『2019.8.10お盆と台風』

1件のコメント

  1. 2年ぶりでも変わらず笑顔で迎えてくださり、ありがとうございました。
    今年はいつものおしゃべりだけでなく、分店で宿題もさせていただいたり、ラジオ体操まで経験させていただき・・・本当によくしていただき、感謝です。
    結婚で繋がった「家族」として訪れた隠岐で、毎年お帰りなさいと迎えてくれる「他人」?「知人」?・・・いやいや「友人」がいること、嬉しい限りです。
    また来年も、ラジオ体操しに行きます!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です