冬から春へ…

秀月堂のさくらもち

つい一昨日までは絶賛「フユ」継続中の隠岐の島でしたが
昨日、いきなり「ハル」のスイッチが入りましたね

まだまだ風は冷たかったけれど
それでも窓の外にさす日差しは春のそれ。

光を浴びるということが
こんなにも心地よいことだったとは
!(^^)!


コロナのこともあったせいでしょうか
今年の冬の閉そく感はなかなかでしたから
いやはやほんとに長かった!!



間もなく2月も終わります

3月1日には県立2つの高校で…

以降、10日くらいから
町立中学校、町立小学校が…

その後
隠岐養護学校が島内では最後

そういう順番で今年度の卒業証書授与式が挙行されます


それぞれの門出の日が
柔らかな春の日差しに包まれますように…







季節のバトンタッチ

春の手土産にはやっぱりこれ
秀月堂さんの桜もち
!(^^)!

こしあんとつぶあんがありますよ
つぶあん派が多い気がしますが
私は断然こしあん派です
お店の前のミモザの黄色も増してきました

いつかミモザのリースをつくりたいのだが
もう少し大樹にならないと、ですね
おとついの空港公園には
まだこんなに雪がありました

でも
力を増してきた夕陽に
「冬終息宣言」を申し渡されたみたいな日

これがきっと最後の雪あそび…

昨日の空港公園には
雪はもうほとんど残っていませんでした

消え残る雪の上にのびる樹の影と
樹の上にちょうどのっかったお日様と

冬のおしまい、春のはじまり
的な…

たくみphoto
律儀にも…

世間の「ハル」の始まりに足並みを揃えるようにして
我が鼻の「ハル」も始まりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です