海を渡ってメダカがやってきた!!



10月になって都市部の緊急事態宣言が解除になり
少しずつ海を渡ってのお客様をお見かけするようになりました

昨日は隠岐に取材にこられたという
雑誌『ペーパースカイ』の方がご来店くださり大興奮でした
( *´艸`)

…ペーパースカイ…
travel and lifestyle
「地上で読む機内誌」をコンセプトに
世界各地の自然や文化をちょっと違った視点から紹介する旅雑誌です

『ペーパースカイ』に隠岐がとりあげられたら、最高に嬉しい♪


・・・・・・・・

海を渡って…といえば
この子たちも海を渡りブンテンにやってきてくれました

ちょっとめずらしいメダカチャンたち♪


西ノ島でメダカをたくさん育てているという
自称メダカおじさんが
わざわざ「海を渡って」持ってきてくださいました


メダカを育てているうちに
メダカにすっかりハマってしまったというメダカおじさん
自宅にはたくさんのメダカがいて
子ども達がのぞきにきたりすることもあるのだそう

今や島のメダカのおじさんとしてちょっとした有名人の模様です
( *´艸`)



ブンテンとメダカおじさんは
お会いするのは2回目

ですが
初めてお会いした時のことを
私はすっかり失念しまっていました

お店に入ってこられた折の、なんとはなしに漂う既視感に
「これはお会いしたことがあるに違いない」という予感はしながらも
申し訳ないことにその時点では思い出せず
…最近よくある ( ;∀;)…


島前でのイベント出店の際
立ち寄ってくださったというメダカおじさん
ブログを愛読してくださっているということ
ブログの中でメダカの記事を読んだから
いつかメダカを持って行ってあげたいなと思っていた…と


話すうちに
霞の向こうにあった当時の記憶が
じわじわと蘇り始め
ぴたりと「今」と重なった時はちょっとすっきり

確かにブログとメダカの話をしました、しました
もう数年前の話です
まさか本当に覚えていてくださって
こうしてわざわざやってきてくださるなんて
( ;∀;)



よくよく見ると
ほんとに色あいがちがうんですよね

シロメダカとヒメダカぐらいしか知らなかったから
これは感動!!

これは写真写りが悪いからわかりにくいですが
光の当たるところで見るとよくわかります

光り輝きながら体をくねらせて
すい~すい~すいすいすい~と泳ぐ様の
なんと美しくかわいいことよ♪

水の生き物をみているとほんとに癒されますね~




最近はメダカブームなんだそうで
品種改良も盛んにおこなわれていると聞いたことがあったけど
いろんな種類のメダカがいるのだとか!!


境港にはメダカ専門店もあるよとのこと

ネットで検索してみましたが
いろんな種類がいるのだと改めてびっくり!!
かなりの高額で販売されていることにもびっくりでした
(;・∀・)


メダカおじさんに連れられて
海を渡ってきてくれたメダカたち

今日もかわいく水鉢の中で泳いでいます

ご来店の折には
どうぞかわいいメダカチャン達をご覧くださいね



めだかおじさん

愛情たっぷりに育ててこられただろう「かわいご」を
送り届けてくださってありがとうございました
大事に大事に育てます
<(_ _)>

いつか持っていってあげようと思っていた、と
そう思い続けてくださったのだなということが
とっても嬉しかったです

またお会いできる日を心から楽しみにしています

A先生に、どうぞよろしくお伝えください

・・・・・・・・・・・

先日の定休日はテンてんちょうは海満喫♪
今年最後の水遊び…かな?

メダカおじさんがおっしゃっていたメダカの記事を探そうと
昔のblogをずうっとたどっていって気が付きました

旧サイトでHPを立ち上げたのが
2011年の10月2日。
この10月でちょうど10年になった模様です

石に上にも3年
blogも10年

はじまりは
「京見屋分店」と「中の人」を知っていただきたいという思いから…
お店のこと、商品のこと…というよりは
家族のこと、この島のこと、ノンダクレのこと、
そんな日々のあれこれをちょこちょこっとつづってきたブログです

サイトリニューアルしてからは
家族ネタはあまり掲載しないようにしていますが
それでも「中の人」の気配はチラ見せしながら今に至る…
…「中の人」含めての京見屋分店、と、どうしてもそこにはこだわりたい…

さして中身のない記事もどっさりありながら
~つか…ほぼそれ(◎_◎;)~
それでもこうして目にとめて気に留めて
読み続けてくださる方がいらっしゃるんだなーと思うと
それはやっぱり続けていく励みになる



ブログ開設10年というタイミングでの
メダカおじさんのご来店とかわいいメダカちゃんたちが
そうして続けてきたご褒美のように思えてきます


さてさて
あと何年続けていけるかな…


引き続き、京見屋分店ブログと京見屋分店
そして「中の人」(もちろんテンてんちょうも)を
どうぞよろしくお願いいたします










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です