イベント三昧でした

イベント打ち合わせ、宿題、イベント準備、宿題と提出物、イベント、イベント準備、仕事、出張、会議、イベント


そんなイメージで過ぎ去った私の3週間
…あくまでイメージ…

タスク管理能力がとにかくポンコツなので
手帳とスマホカレンダー眺めつつ
ヒトリゴトブツブツ作戦(次にすることを確認)を繰り広げながら
とっちらかった脳内を整理するのに必死だった3週間でした


ただでさえタスク能力に欠け気味なので
とにかくとりこぼしはいっぱい
(◎_◎;)


ご迷惑をおかけした方もさぞたくさんいるに違いない
みなさまごめんなさい
<(_ _)>




そんなこんなでへろへろながら
イベント多めだったこの期間は
コロナ禍の中ながらできることをできる形で、と
町もこの通りも「前に一歩」踏み出した感と手ごたえがありました

久しぶりの町の賑わいに沸き立つようなわくわくと感動を…
そして
仲間とつながりながら何かに向かう楽しさを…
離れていても隠岐を思ってくださる方々の存在とその思いの温かさを…
改めて感じた3週間でもありました


いろんな思いが胸によぎり
お伝えしたいことは山盛りあれど
まとめようとしてもまとまらず
第一、PCに向かう時間もなく
でも「とにかくみなさんのおかげで楽しくて嬉しくてしかたなかったのよ」と
その気持ちはどうしても記しておきたくて
こんな中途半場な形ではありながらアップすることにいたしました
(;’∀’)




とっても濃い3週間でした、ほんとうに。


ひとつひとつのイベントについては
また改めて、ここに記したいと思っています



松江某所でひとつオシゴトがあり出かけました
高速船ででかけて一泊、高速船で帰島…の予定だったのに
どんぴしゃ荒れ模様
往復どちらもフェリーに変更
日程ももちろん変更

あ~冬になったなーと
島ならではの季節感の中で過ごした3日間でした
ちょうどこの会議と日にちを同じくして
くらしアトリエさんのイベント「しまねの秋の、お楽しみ」がスタート

駆け足ながらご挨拶に伺いました

すてきな「おいしい隠岐」のコーナーを作っていただき、感激

こんなイベントありますよ~と
興味のありそうな方にももちろんお知らせはしたのですが
かつて隠岐にくらしておられた方や
つながりのある方たちから
『行ってきましたよ~』『これをゲットしました!』と
隠岐とブンテンを懐かしんでくださるご連絡が届いたことにも、大感激

みなさん
ほんとうにほんとうにありがとうございました






松江の出張から帰ってきた翌日は
隠岐養護マルシェ!!

昨年の「cafeKyou」から
またひとつステージをあげて
「西町一帯マルシェ計画」!!
隠岐養護学校さんが地域のお店とタッグを組んで実施されたイベントです

午前中の2時間だけだったマルシェながら
ご来場数はおそらく200人を超えたとのこと!!

あれから2日経とうとしていますが
未だに思い返すと温かい思いで胸がいっぱいになる

これまた詳しくは後日


さて
この他にも…

久しぶりに島前にでかけ今話題の場所に行ってきた話、だったり
お待ちかねだった日本縦断旅の若者達の映画公開の話、だったり
もちろん日々のかわいいテンてんちょうのこと、だったり
会いたかった人たちに出会ったこと、だったり
書きたいことは山盛りあります

また追って、そのうちに。

心の中に残っている、あったかーいもの…
その熱が冷めない、そのうちに。

にしまちかみやび フユイルミ 

昨年から始まった、西町通りのフユイルミ

今年もまた上八尾地区の若い世代の皆さんが中心となって
この通りにイルミネーションを設置してくださいました

今年はブンテン前の空き地で点灯式も実施♪

Tさんの絶妙なカウントダウンに合わせての点灯
子ども達も、大人も、大盛り上がりのヒトトキでした

ちいさなガッツポーズに
この時の空気感がよくあらわれている



昨年はコロナ禍まっただ中
何もかもお楽しみの行事が無くなって寂しい気配が漂っていたこの通りを
せめて明るく照らしたいと
そういう思いで始まったカミヤビのフユイルミ

小さな色とりどりの灯りの明滅に
これを企画し実行してくれたみなさんの思いが重なって
ずいぶん救われる思いがしたものです


さて
2021のフユイルミ、今年はちょびっとグレードアップしましたよ

町内で設置したものだけでなく
個人で取り付けられる方も1軒、また1軒と増えてる気がする

西町通り入口、春になると桜スポットにもなる八幡さんからブンテンまで…

我が通りのフユイルミをどうぞお楽しみください

photo by たくみ

灯りごしの京見屋分店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です